弁護士の歴史

「弁護士」とは、当事者から依頼を受けて代理人になったり、裁判で被告の弁護人となって弁護を行ったりするほか、法律に関する事務を執り行う専門家で、弁護士法に定められた資格を有し、日本弁護士連合会という組織に備えられている弁護士名簿に登録された者をいいます。
弁護士の始まりは、古代のギリシャやローマ時代にまで遡ります。
裁判で代弁を行うという職業がその頃からありました。
中世に入ると、西欧において現在につながる弁護士制度が発達し、大学には法律家養成のための法学部が置かれていました。
我が国においては、争議の対応における弁論なり、口述なりに長けた代官が鎌倉時代にいました。
江戸時代に入ると、債権を取り立てたり、口添えをしたりする、いわば現代の代書屋さんのような働きをする

公事師(くじし)と呼ばれる弁護士の祖先のような職へと進展し、明治初期には代言人と呼ばれていました。
明治期に近代的司法制度を採り入れて弁護士制度がスタートしましたが、代言人の地位は高くはなく、逆に軽蔑視されることも多々あり、資格制度もきちんとできていませんでしたから悪質な代言人もいました。
弁護士法が1893年に制定され、「弁護士」と呼ばれるようになりました。
当初、弁護士の地位は裁判官や検察官よりも下であり、試験制度も彼らとは違っていました。
独占業務は法廷活動のみでしたが、1936年に法廷の外での法律に関する事務を独占できるという法律の改定が行われました。
1949年に新弁護士法の制定で、「弁護士自治」といわれる、公権力からの独立性が承認され、試験も裁判官 検察官と同じ司法試験となり、修習制度も一元化されました。

Copyright © 2014 弁護士になるには All Rights Reserved.